紫のドレスの女性

北海道と東京でキャバクラのシステムが違う

聞いてびっくりしたのですが、キャバクラという言葉は東京と北海道とでは、まるでシステムが違うということです。東京でキャバクラというと、ニュークラブとかクラブのことをキャバクラと言いますが、北海道でキャバクラというと胸部触れるのはもちろん定期的な時間にダウンタイムというショータイムがあり女性が男性の上に乗って様々なサービスをします。これが当たり前で、もっと過激なサービスをするお店もまとめてキャバクラと言っています。ですから北海道の某所へ来た際には、キャバクラはお酒こそ飲めますが、過激なサービスが待っていると思った方が良いでしょう。また、東京のキャバクラに行くときには普通にお酒を女性と飲むところくらいに思っておいた方が良いと思います。期待していてがっかりしないためにも心構えが大切です。また、北海道のキャバクラはヘルスのようなサービスを別料金でできるお店もありますので、行くときにはよく雑誌やインターネットで下調べをしてから行った方が満足できるサービスを受けることができるでしょう。知らずに入ってせっかく気に行った方を見つけても、サービスを受けずに帰ってしまう事がないように気をつけて下さい。もちろん店員さんが親切に説明してくれる場合がほとんどなので、わからない場合はシステムを聞いてみるのが良いでしょう。